シワ・たるみの原因別改善法と、日常生活で気を付けたいこと

シワ

シワに悩む女性は多いと思いますが、一言でシワといっても種類がいくつかあります。

この記事では、代表的なシワについて、原因と治療をまとめていきます。

①小じわ

②表情ジワ

③表情ジワが固定したもの

④実はたるみの仲間(ほうれい線・目の下のクマなど)

 

① いわゆる「小じわ」

目の周りや口の周りで細かいシワが目立つという方、多いと思います。

これは皮膚の乾燥もありますし、年齢によって真皮のコラーゲンが減ってくることも原因です。

これには女性ホルモンのエストロゲンも関係しています。

更年期以降に肌のお悩みが増えてくるのは、そのためです。

小じわは、スキンケアで乾燥を改善させることで目立たなくなりますし、美容皮膚科でいえばケミカルピーリングやレーザーピーリングといった処置やトレチノイン(ビタミンAの仲間)という塗り薬が代表的です。

こういった美容治療は、真皮のコラーゲンを増やすことを主な目的にしています。

 

 

 

 

 

↑表皮のバリアを通過して真皮に届くレーザーの波長を選んで照射します。

他にも効果的な治療はあるのですが、今日の本題はそこではないのでまた改めて書きますね。

 

② 表情ジワ

表情によるシワで、額、眉間、目尻が代表的ですね。

顔をしかめた時、びっくりした時、笑った時にできるシワですね。

他にも笑った時に鼻すじにできるシワ、口をすぼめた時にできるシワなども対象です。

 

 

 

 

こういった表情に伴うシワは、表情を作る筋肉の動きが原因となっているので、筋肉の動きを抑えるボツリヌストキシン(商品名はボトックス®です)の注射が有効です。

表情を作る筋肉は皮膚とくっついているので、筋肉を使えば使うほど皮膚も一緒に動いて皮膚に折りたたみシワができ、表情ジワの原因となります。

表情筋エクササイズをすると皮膚が筋肉とともにしょっちゅう動かされ、表情ジワができやすくなるのでご注意下さい。

シワが固定化する前にボトックス®治療を受けるのがベストですが、乾燥した肌は弾力が落ちシワが刻まれやすいので、乾燥ケアは間接的に表情ジワの対策にもなります。

 

③ ②の表情ジワが固定してしまったシワ

年配の方の額や眉間に多いのですが、何も表情を作っていなくても、シワが刻まれている場合がありますよね。

男性の場合、眉間のシワは渋くダンディに見えるので、それが魅力という場合ももちろんありますが…

これは、筋肉の動きに伴って皮膚が折りたたまれ続けた結果、シワの溝が深くなり、固定化してしまった状態なんですね。

こうなると、ボトックス®注射だけでは厳しくて、ヒアルロン酸などで溝を埋める治療が必要になってきます。

シワが刻まれる前に治療を始めた方がいいですよ、という理由はココにあるんです。

シミはできてしまってから治療することが一般的ですが、表情ジワは気になり始めた時に治療を始めた方がいいんですよ。

 

 

 

 

 

④ ほうれい線など、実はたるみの仲間のシワ

シワというと真っ先に思い浮かぶほうれい線は、医学的にはたるみの仲間に入ります。

口角から下に刻まれるシワ(マリオネットライン)も、たるみの仲間です。

目の下の凸凹も、たるみのメカニズムが関係しています。

溝という意味では②と③のシワと見た目は似ていますが、治療方法が違うんですね。

 

 

 

 

 

 

たるみの原因には骨の変化など皮膚よりも深い部分が関係しています。

年齢とともに骨が痩せてくるからです。

具体的に見ていくと、目の穴が大きくなり、顎の骨が小さくなっていきます。

(左の写真が若い時、右の写真が高齢になった時の骨です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Shaw RB Jr, Katzel EB, Koltz PF, Yaremchuk MJ, Girotto JA, Kahn DM, Langstein HN.

Plast Reconstr Surg. 2011 Jan;127(1):374-83. より引用)

 

これらの写真から見ておわかりのように、皮膚表面だけで何とかしようとしても難しいのです。

もちろん紫外線対策をして皮膚の弾力を守ることも必要ですが、それだけでは限界があるんですね。

皮膚を引き上げようとして顎をローラーでゴリゴリとこすっても、化粧品をつけた手でぐいぐい上に向かってマッサージしても、くすみが増えるだけで根本的な解決にはなりません。

たるみは機械を使った治療、ヒアルロン酸注入、糸を使って引き上げる治療、手術などがあり、お悩みの場所や症状、顔立ちによって決まってきます。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

一口にシワといっても、様々な原因があり、治療も異なってきます。

ご自分で対策できるのは、①ですね。

スキンケアに気を付けて乾燥肌を改善させること、食べ物やサプリメントの力を借りてエストロゲンを味方につけること、が大切です。

エストロゲンに似た働きをするエクオールのサプリメントを上手に活用するといいですね。

そのうえで、美容医療も取り入れると良いと思います。

②~④は、原因のメカニズム上、医療の介入が必要となってきます。

化粧品でシワ対策と謳っているものは、乾燥による小じわをターゲットとしています。

それ以外の大きなシワには、残念ながら効果がないんですよね。

「シワが増えてきて…」というあなたも、シワの種類や対策がわかればあれこれと悩まずに済みます。

 

 

 

 

 

②の表情ジワを予防するためには筋肉を動かさないことにつきるのですが、普段の表情のクセやちょっとした習慣に気を付けることが大切です。

案外多いのは、近視の方が裸眼でパソコンなどを見ている時。

無意識にしかめ面をしていて、眉間にシワが寄っていることが多いです。

画面に集中していると、表情に意識が向かないんですよね。

近視が軽い方は、目を細めたり頑張れば何とか見えてしまうこともあってメガネをかけずに作業してしまうのが良くないんですよね。

難しい本を読んでいる時に、気持ちが入ってしまって眉間にシワが寄っている方もいます。

それと、スマホを見ている時に顔をしかめている方が結構多いので要注意です。

 

 

 

 

 

額のシワに関しては、目を見開くクセがある方(私もです)。

年齢を重ねると瞼が下がってきて、それを補うために額にシワを寄せて目を開ける方も多いのですが、そうではなくて単純にクセになっている方は、ちょっと意識してみるといいかもしれませんね。

こういった「ありがちなパターン」を知り、それが将来的なシワに繋がると気付ければ、普段から気を付けることができますよね。

同じように考えると、目尻のシワの予防は笑わないことになってしまいますが…

以前テレビで、「シワを作りたくないから一切表情を作らない」というお人形さんみたいな海外の女性を見ましたが、そういう人生って寂しくないのかな…と思ったのを覚えています。

「目尻のシワは、いっぱい笑った証拠」という言葉は、表情シワに関して言えば当たっています。

無意識な表情のクセに気を付けて、いっぱい笑いながら、必要に応じてボトックス®治療を受けたらいいのではと個人的には考えています。

ボトックス®を受けると鉄仮面のようになるのでは…と心配される方も多いのですが、実際の治療ではご本人の表情を見ながら自然になるように調節しますので、大丈夫です。

表情のシワ以外にも、歯ぎしりがひどい方、エラに悩む方などボトックス®治療にはいろいろな使い方があります。

シワに悩む方は、ご自身でできる対策と治療が必要なものを見分けることが大切です。

表情ジワで悩む方は、早めに対策を始めましょう。

ちなみに、ボトックス®治療をする場合、治療後2回月経が来るまでは避妊する必要があります。

妊活中の方、ご注意下さい!

■こちらの記事も読まれています↓ 間違ったアイテム選びで乾燥肌を悪化させている方、とても多いです!

月の美容費の内訳、美肌のためになっていますか?

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。