夏の皮膚トラブル、よくあるQ&A

一般皮膚科

夏は皮膚病の多い季節です。

外来でよく聞かれるご質問についてまとめました。

Q1 ちっとも痒くないんですけど、水虫ですか?

水虫って痒くないことが多いです。
 
痒くなった時には菌が結構増えています。
 
痒さで水虫を判断するのは危険なんですよね。
 
ちなみに、市販薬を塗ったけど全然良くならない、悪化した場合もあると思います。
 
この場合、塗り方が良くないか診断が間違っているか(そもそも水虫でない)、または薬にかぶれている可能性があります。
 
このあたりは皮膚科専門医でないと見極めが難しいです。
 
診察時に塗り方のポイントをお伝えしますし、必要に応じて検査や処方を行いますのでご相談下さいね。
 
再発を予防するコツもご説明しています。
 
 

Q2 いつも着けていて大丈夫だったアクセサリー、最近痒いんですけど…

汗をかくと、表面の金属が溶け出しやすくなります。
 
冬は大丈夫でも、夏に痒くなることはよくあります。
 
純度が低くメッキを使用したものに多いです。
 
ピアスは特にトラブルを起こしやすいのでご注意下さい。
 
 
意外なところでは、時計のベルトやバッグなどの革製品も原因になります。
 
光沢を出す(なめす)ためにクロムという金属が使われるからですね。
 
見た目が金属じゃなくても要注意です。
 
 

Q3 水イボって取った方がいいんでしょうか?

「小児科で取らなくていいって言われた」など診療科で対応に差が出る病気です。
 
水イボ自体は6ヶ月〜3年くらいで自然に消えると言われていますが、期間に幅があるため一概に待てばいいとは言えないです。
 
治療しないと水遊びに参加できない、プール教室から治療して来てと言われたなど、社会的な理由で取らなければならないこともあります。
 
お子さんの水イボは麻酔のテープを貼って治療しますが、嫌がってどうしても取れない場合、水イボ部分を防水テープで覆ってプールに入る奥の手も。
 
タオルやビート板を共有しないでねとお話ししますが、お子さん達のプールでのはしゃぎ振りを見ると難しい気もしますよね^^;
 
水イボの潜伏期間は50日くらいと言われていますので、プールのシーズンが終わった頃に出てくることもあります。
 
 
 

Q4 虫刺され、原因の虫ってわかりますか?

毛虫のようにトゲトゲがある虫、蚊やブユのように刺す虫、触ると汁が付いて痒くなる虫など種類はいろいろあります。
 
腫れ方のざっくりとした傾向はありますが、刺されている現場を押さえない限り、原因になった虫の種類までは言い当てられないんです…
 
もちろん、発疹の分布から「それはノミかも」「ペットから移ったかも」などわかることもありますが。
 
どの虫であっても治療は同じですが、足首を刺された場合は腫れることが多いです。
 
 
蚊に刺されていつも水ぶくれになる、熱が出る、皮膚が掘れた傷になる場合は蚊アレルギーかもしれませんのでご相談下さい。
 
虫刺されの場所に消毒薬を塗るのは止めましょう。
 
かぶれて更に状態をこじらせるリスクが高くなります。
 
余談ですが、虫といっても普通の塗り薬が効かない病気もあります。
 
介護関係の方、外来で介護の仕事だと申告して下さいね。治療法が全く違います。
 
 
 
 
Q&Aにまとめてみましたが、「私も聞きたかった!」というご質問、ありましたか?
 
ご参考になさって下さいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。